血流が良くなる。

貴陽石パウダーを混合した繊維による衣類や毛布による場合と、貴陽石セラミックによるマイナスイオン発生器を使用した場合による生体の血流量と血流速度を測定した結果、貴陽石によって、生体の血流を良くすることが認められました。
ここでは、①毛布と②マイナスイオン発生器のデータ(遠赤外線応用研究会の実施データ)を紹介します。

①貴陽石入り毛布

②貴陽石マイナスイオン発生器

貴陽石マイナスイオン発生器使用による生体の血流の動画を御覧下さい(上記試験とは別に実施したものです)。

<使用前>

<使用15分後>

睡眠を良くする。α波が多くなる。ストレスを軽減する。

①貴陽石パウダーを混合した繊維による毛布
②貴陽石セラミックボールマットを入れた枕
③貴陽石マイナスイオン発生器

を使用した場合の脳波を測定した結果、貴陽石によって、リラックス状態を示すα波が増加し、いやしの効果があると認められました。(遠赤外線応用研究会実施データ)

①貴陽石パウダーを混合した繊維による毛布

②貴陽石セラミックボールマットを入れた枕

③貴陽石マイナスイオン発生器

貴陽石入り繊維によって温かさとα波発生頻度の両方を高くする。

レーヨンに貴陽石を練り込んで繊維を作り、Tシャツを作成しました。その貴陽石入りTシャツと比較対照のダミーTシャツの2サンプルでの、①脳波トポグラフィー測定(サンプルを着用し、2分間開眼で安静後、3分間閉眼での脳波トポグラフィーを測定した)と、②サーモグラフ観察(30分サンプルを着用し、前後での皮膚表面温度を測定した)試験を行いました。試験実施:ユニチカガーメンテック株式会社。

結果について、貴陽石入り繊維で作ったTシャツは、遠赤外線効果で皮膚温が上昇し温かさが増すと共に、安静状態であるα波が多く出て、癒しや安心感のリラックス効果の両方が生まれる結果が得られました。

①脳波トポグラフ(α波)
貴陽石入りの方が閉眼時のα波発生頻度が高い。

②サーモグラフ観察試験

抗菌作用がある。

抗菌効果で一般的な銅イオン混合繊維(水洗なし)と、水洗50回後の貴陽石混合繊維を比較した結果、貴陽石混合繊維は水洗しても貴陽石が溶解してなくなることはなく、水洗50回後でも銅イオン混合繊維と同等の抗菌効果が得られました。貴陽石は天然鉱石なので、銅や銀などのような金属アレルギーを引き起こす危険性もありません。

抗菌機能試験 銅イオン混合
ポリエステル繊維
(水洗なし)
貴陽石混合
ポリエステル繊維
(50回水洗後)
検査合格基準
黄色ブドウ球菌 99%以上 96.3% 70%以上
大腸菌 98% 98.1% 70%以上
カンジタ菌 96% 97.9% 60%以上

測定:天纺标检测认证股份有限公司 TTTS-WT20243584

消臭効果がある。

貴陽石混合繊維で織りあげた靴下の消臭効果をアンモニア、酢酸、イソ吉草酸の試験ガスで検知管法とガスクロマト法によって、2時間後の減少率を調べました。結果は、アンモニアで83%、酢酸で96%、イソ吉草酸で96%の減少率でした。

電磁波低減効果がある。

スマートフォンを使用中に発生している電場、磁場、マイクロ波を、貴陽石マイナスイオン発生器を使用することで、どの程度低減できるか測定しました。
結果は、電場が18.9%、磁場が12.5%の低減率で、ほぼ良い結果が得られました。

PM2.5除去効果がある(密閉空間での試験による)。

PM2.5とは、大気中に浮遊している直径2.5μm(マイクロメートル)以下のきわめて小さな粒子のことで、別名を「微小粒子状物質」と言います。成分は炭素成分、硝酸塩や硫酸塩、ケイ素やナトリウム、アルミニウムなどさまざまです。PM2.5は粒子が非常に細かいため、吸い込んでしまうと細い気管支や肺の奥まで入り込むおそれがあるため、ぜんそくや気管支炎など呼吸器系の病気のリスクを上げたり、不整脈など循環器への影響も心配されています。
そのPM2.5に対して、貴陽石マイナスイオン発生器を用いて、60ℓボックスを用いた密閉空間での除去性能試験を行いました。その結果、空のままだと15.9%の除去率だが、貴陽石マイナスイオン発生器を用いると99.9%の除去率を示しました。

音質(音響装置などの)が上がる。

世界各国で高い評価を受けているオーディオケーブル・アクセサリーメーカーのアコースティック・リバイブの創始者であり、独自の音質向上術による高い音響調整技術を持っておられる石黒謙氏が、音響機器のラインケーブルやターンテーブルシート等々に貴陽石を応用した製品を作られました。
音響のプロの方々の書き込みなどからその評価を次に引用させていただきます。

貴陽石応用製品の具体的な効果としては「音の雑味が劇的に減り、音の密度や厚みの向上、質感や音色、実在感の向上などが実現する」とされています。その製品を購入され使用された方の感想を列記すると、

  1. 別次元の音になる、
  2. 乾いた固い音が、艶やか、潤いある音になる、
  3. 全ての楽器、ボーカルの実在感が高まった、
  4. 音の分離が良くなる、団子状態の部分が解消する、
  5. 楽器が明瞭、活き活きしてくる、
  6. 質量が分かる、空間表現が高まる、
  7. 楽器の位置がハッキリする、ボーカルが更に最前列にくる、
  8. 音楽全体が、パワーアップしたよう、音圧が高まったようになる、
  9. 低音、リズムセクションが、しっかり出てくる、
  10. 打楽器の実在感が出る、
  11. ウッド・ベースが引き締まり、重厚感も出てくる、
  12. 脇役の楽器が、しっかり存在感を現わす、
  13. これまで聴いていた音楽から、音の周りの雑味がとれスッキリ、くっきりと音源が表現される、
  14. 音の余韻やそれが消えていく自然な感じが心地よい。

などになります。

昨年、貴陽石のこれまで考えてもみなかった新しい世界「音質が上がる効果」を、以上のように音響の作り手・聞き手のプロの方々が認めて、拓いていただきました。深く感謝しております。
音質が上がる理由には、貴陽石のマイナスイオン特性が、電磁波の低減や静電気の除去やシャーシ電位の低減および仮想アースの役目をしているなどが考えられますが、現在のところ作用機作は弊社でははっきりとはわかりません。
音響機器と貴陽石の持つ性質のコラボが、音質を良くしているということは確かなことのようです。

PAGE TOP