ミネラルスター

ミネラルスター

ミネラルスター

ミネラルスターの野菜に対する効果事例

ミネラル豊富な天然鉱物と太古の植物に由来した天然腐植を加え、「自然農法」や「自然栽培」(有機JAS規格適合性評価済み)に対応した粒状の土壌改良材です。その主原料は、群馬長石 御座入鉱山の約6500万年前の地層を露天掘り採掘して、粉砕したものを使用しています。

ここでは、ミネラルスターの、ナス・シシトウ・枝豆の栽培に対する効果事例の測定結果をご紹介します。

ミネラルスターのナスに対する効果事例

試験期間

平成30年6月17日(定植日)~平成30年11月17日
※試験期間中の気象は高温乾燥の厳しい条件であった。

試験場所

千葉県船橋市(黒ボク土壌に植物性堆肥を1,000㎏/10a散布しトラクターで耕運した圃場)

試験区の設定

各区2連制 堆肥以外は液肥を株本に2回追肥
①ミネラルスター30㎏/10a区
②ミネラルスター60㎏/10a区
③ミネラルスター100㎏/10a区
④対照(コントロール)区

定植方法

露地圃場に左記の各散布量を約7㎡の範囲に散布し、耕運後畝立し黒マルチでカバーした。各区にナス(品種:「大黒田」カネコ種苗)の苗を50㎝間隔で2本ずつ定植した。

試験結果

(1)収量について、ミネラルスター(MS)区は対照区と比較して生育が優り、収穫量も次表のとおり60㎏区は同等であったが、30㎏区と100㎏区では30~40%収量が増す結果であった。

収穫月(回数) / 区名
MS30㎏
/10a

MS60㎏
/10a

MS100㎏
/10a

対照
(無処理)
7月
(5回)
収穫量
個数
521
3
724
6
1207
11
869
7
8月
(4回)
収穫量
個数
2781
15
2781
15
3406
19
2,660
17
9~11月
(3回)
収穫量
個数
3412
21
1592
12
1958
17
1,577
9
合計 収穫量
個数
7,127
44
5,097
33
6,571
47
5,106
33
④対照区を100とした指数 収穫量
個数
140
133
100
100
129
142
100
100

(2)最終日11月17日に根の掘り取り調査を行った。ミネラルスター区は対照区と比較して、次表のとおり根量が多く、毛根が多くなっていた。また、茎の基部も太くなっていた。(次ページにMS30㎏区と対照区の比較写真を示す)

区名
MS30㎏
/10a

MS60㎏
/10a

MS100㎏
/10a

対照区
(無処理)
根重 g
(1区2本の計)
211 143 161 108
④対照区を100とした指数 195 132 149 100

(3)以上から、ミネラルスター処理によってナスの生育促進と収量増加が認められ、30㎏/10a処理で十分な効果があると考えられる。

ナス試験地 1117日の状況

根と茎の比較(1117日)

ミネラルスターのシシトウに対する効果事例

試験期間

平成30年6月17日(定植日)~平成30年11月17日
※試験期間中の気象は高温乾燥の厳しい条件であった。

試験場所

千葉県船橋市
(黒ボク土壌に植物性堆肥を1,000㎏/10a散布しトラクターで耕運した圃場)

試験区の設定

各区2連制 堆肥以外は液肥を株本に2回追肥
①ミネラルスター(MS)30㎏/10a区
②ミネラルスター60㎏/10a区
③ミネラルスター100㎏/10a区
④対照(コントロール)区

定植方法

露地圃場に左記の各散布量を約7㎡の範囲に散布し、耕運後畝立し黒マルチでカバーした。各区にシシトウの苗を50㎝間隔で2本ずつ定植した。

試験結果

(1)収量について、ミネラルスター(MS)区は対照区と比較して生育が優り、収穫量も下表のように5~15%増収した。試験区間中では、100㎏区より30~60㎏区で増す結果であった。

収穫月(収穫回数) / 区
MS30㎏
/10a

MS60㎏
/10a

MS100㎏
/10a

対照
(無処理)
7月
(5回)
収穫量
個数
224
45
224

56

151
25
180
40
8月
(4回)
収穫量
個数
587
110
555
105
633
110
633
110
9~11月
(3回)
収穫量
個数
1372
211
1440
260
1,245
210
1115
192
合計 収穫量
個数
2,183
366
2,219
421
2,029
345
1,928
342
④対照区を100とした指数 収穫量
個数
113
107
115
123
105
101
100
100

(2)最終日11月17日に根の掘り取り調査を行った。ミネラルスター(MS)区は対照区と比較して、根量が多く、毛根が多くなっていた。
(次ページにMS60㎏区と対照区の比較写真を示す)

根と茎の比較(11月17日)

11月17日収穫物の比較

(3)以上から、ミネラルスター処理によってシシトウの生育促進と収量増加が認められ、30~60㎏/10a処理で効果があると考えられる。

ミネラルスターの枝豆に対する効果事例

試験期間

平成30年6月18日(播種日)~平成30年8月18日(収穫日)
※試験期間中の気象は高温乾燥が続き、露地栽培には過酷な条件の中での栽培試験であった。

試験場所

千葉県船橋市(黒ボク土壌に植物性堆肥を1,000㎏/10a散布しトラクターで耕運した圃場)

試験区の設定

堆肥以外は追肥なし
①ミネラルスター(MS)30㎏/10a区
②ミネラルスター(MS) 60㎏/10a区
③ミネラルスター(MS) 100㎏/10a区
④ミネラルスター(MS) 200㎏/10a区
⑤対照(コントロール)区

播種方法

露地圃場に左記の各散布量を約7㎡の範囲に散布し、耕運後畝立し黒マルチでカバーした。各区に30㎝間隔で3穴あけ、1穴に4種子1区計12種子を播種した。品種は「湯上り姫」(アタリヤ農園)である。

試験結果

(1)発芽生育本数を7月3日に調査した。対照区が12播種数中5本の発芽生育本数で42%の生存率であったのに比較して、ミネラルスター区は12播種数中8~10本の発芽生育本数であり、67~83%の生存率であった。

(2)生育量および収穫量を8月18日に調査した。下表のようにMS60㎏区は対照区と同等であったが、MS30㎏区、MS100㎏区、MS200㎏区と量を増すごとに生育量・収穫量共に増加する結果であった。

枝豆の生育量および収穫量調査結果(818

測定項目 /
MS30㎏
/10a

MS60㎏
/10a

MS100㎏
/10a

MS200 ㎏
/10a

対照
(無処理)
本数 発芽生育本数/播種数12
(7/3調査)
9/12 8/12 10/12 10/12 5/12
間引後の本数(8/18残本数) 5 6 6 7 4
生育重 茎葉根実の全重量g 1,000 736 1,100 1,210 730
⑤対照区を100とした指数 137 101 151 166 100
実収穫重 実の重量 g 467 380 558 572 395
⑤対照区を100とした指数 118 96 141 145 100

818日の地下部も含めた生育状況

PAGE TOP