さび砂利

さび砂利

さび砂利

さび砂利は、どこにでもあるものではなく、希少な天然資源の一つです。
御座入鉱山の天然鉱石の中には、含有する鉄成分が酸化して、味わい深い赤錆色の発色が美しい鉱石もあります。群馬⾧石のさび砂利は、硬質鉱床から採掘し、破砕を繰り返し製造しています。そのため、硬質で風化しにくい品質であり、経年劣化が少ない特質があります。

御座入鉱山で産出する赤錆色のさび砂利は、上品で、明るく、ぬくもり感がある雰囲気を醸し出します。日本の四季に馴染み、陽の向き・明るさ・湿りなどで様々な色彩に変化します。
見ている人を和ませる「詫び寂び」「癒し」のある空間が作れます。

種類

群馬⾧石のさび砂利は次の2 種類を用意しています。

1.「武尊さび砂利」・・・落ち着きのある茶系

2.「尾瀬さび砂利」・・・鮮やかな赤錆系

用途

和・洋庭園、石庭、枯山水、盆栽化粧砂、洗い出し、建物や記念碑周りの化粧砂、
庭池や水槽の底敷砂利、など

荷姿

バラ(ダンプトラック)、1tフレコンバック・20 ㎏袋詰めは応談

PAGE TOP